釣船福岡玄界灘遊漁船


落とし込み釣り



ロッド 2.4m〜3mぐらいの先調子の竿がお勧めです。
サビキ仕掛けを使いますので長めの竿の方が使いやすいです。
重りは100〜150号を使いますのでその重さが背負える竿を準備ください。
リール PE4〜8号が300m以上巻ける中型両軸リールでドラグ性能の良い物が適しています。
手巻きでも構わないですが、仕掛けの上げ下ろしが頻繁ですので電動リールが有利です。
一日手持ちで誘うので、パワーがあり軽くてコンパクトなリールをお勧めします。
仕掛け 最近は市販仕掛けもいいものがでています。
ハリス16か18号の平打ち針の仕掛けをご用意ください。
大型ヒラマサの実績もありますので細いハリスは使用しないでください。
テクニック(釣り方) ポイントについたら船長が指示棚を放送します。
指示棚はイワシやアジがいる水深になります。
通常のサビキ仕掛けと違い、ハリスが太いため常に動かしていないと餌がかかりません。
リールをサミングしながら一定の速度でゆっくりと落とし続けるのがこつです。
餌が付かない場合は一気に指示棚より仕掛け分上げたところから再度落とし込んでください。
餌がついたら仕掛けを底まで落とします。着底したら重りが根にかからない様に1mほど巻き上げて待ちます。
アタリが出たら直ぐに会わせずにしっかりと食い込むのをまってから合わせます。
魚が掛かったら一定の速度で巻き続けてください。
アタリがない場合は一度仕掛けを回収して新しい餌を付け直すとチャンスが拡大します。
生きの良い餌でないと大型の魚は食ってきません。
同乗のお客様にアタリがあるようでしたらチャンスですので集中してください。