釣船福岡玄界灘遊漁船


イサキ・真鯛五目



ロッド 2.4m〜3mぐらいの胴調子の竿がお勧めです。
重りは80〜100号を使いますのでその重さが背負える竿を準備ください。
リール PE3〜6号が200m以上巻ける中型両軸リールでドラグ性能の良い物が適しています。
手巻きでも構わないですが、最近は電動を使われる方が増えています。
水深も浅いので、軽くてコンパクトなリールをお勧めします。
仕掛け 片天秤にビシ、カゴや鉄仮面をつけます。重りは80〜100号を使用します。
天びんの先に2ミリ×1メーターのクッションをゴムを接続し、その先に仕掛けをつなぎます。
仕掛けは、ハリスにフロロカーボンの5〜6号を3ヒロ(4.5m)
針は平打ちのイサキ針(13号程度)や真鯛針(10号程度)を使います。
針数は2〜3本をお薦めします。
コマセ、つけ餌ともオキアミを使います。
コマセはカゴに8分目程度詰めてください。詰めすぎると出なくなるので注意が必要です。
つけ餌は尾羽を切り、オキアミが真っ直ぐになるように針に通します。
雑につけると取れてしまったり、仕掛けが回転して食いが悪くなってしまいます。
テクニック(釣り方) ポイントについたら船長が指示棚を放送します。
指示棚までビシを落としたら仕掛けが潮に馴染むのを少し待ってから竿をしゃくってコマセを振ります。
指示棚よりビシを落とすと魚の反応が散ってしまいますので、指示棚より深くは落とさないでください。
同乗のお客様にアタリがあるようでしたらチャンスですのでゆっくりと誘ってみてください。