釣船福岡玄界灘遊漁船


夜炊きイカ



ロッド 2.4m〜3mぐらいの胴調子の竿がお勧めです。
重りは100〜150号を使いますのでその重さが背負える竿を準備ください。
リール PE4〜6号が200m以上巻ける中型両軸リールでドラグ性能の良い物が適しています。
手巻きでも構わないですが、最近は電動を使われる方が増えています。
仕掛け 浮きスッテ4号を使った胴付き仕掛けです。一番下に餌巻きスッテをつけるのも有効です。
スッテの数は5〜10本程度です。
餌巻きスッテをつけるのも有効です。
餌巻きスッテには、キビナゴや鳥のササミ、サメの身をつけます。
取れにくくするために塩で絞めたものをお使いください。
テクニック(釣り方) ポイントについたら船長がイカの反応がでている指示棚を放送します。
明かりを炊いているとだんだんとイカの遊泳層が浮いてきますので、その場合は指示を出します。
それ以下に仕掛けを落とすとイカの反応が沈んでしまいますので指示棚より深くは落とさないでください。
取り込みで慌てると仕掛けが絡んでしまいますので慌てずに取り込んでください。